総量規制対象外の銀行のカードローン

総量規制対象外の銀行のカードローン

消費者金融や信販、クレジット会社など貸金業者は総量規制の対象です。総量規制では個人の方が貸金業者から借入できるのは年収の3分の1までと制限されています。
他社の借入併せて年収の3分の1までですので、貸金業者からお金を借りるときは総量規制に注意が必要です。

この総量規制のために貸金業者での審査では安定した収入を得ているかを重要視するようになりました。

しかし収入を得ていない専業主婦の方でも、総量規制では配偶者貸付があります。この配偶者貸付で配偶者の方と併せて年収の3分の1までならお金を借りることが可能です。
それには配偶者の方に安定した収入があることが必要です。

さらに配偶者の方の同意のほか、住民票または戸籍抄本など婚姻関係を示す書類も必要です。
手続きに時間がかかるために大手の消費者金融では配偶者貸付にて専業主婦の方にお金を貸しているところが少ないです。

中堅の消費者金融は大手の消費者金融では借りられない人を対象にしているので、配偶者貸付にて専業主婦の方にもお金を貸しているところが見られます。

その他にも銀行は総量規制対象外です。

銀行のカードローンなら総量規制に注意しなくてもお金を借りることが可能、専業主婦にもお金を貸している銀行のカードローンも見られます。
配偶者の方の同意は不要、婚姻関係を示す書類も不要、配偶者の方の収入証明書類も不要、専業主婦の方の本人確認書類のみで大丈夫です。

その代わりに30万円や50万円のご利用限度額となります。