アルバイトの方は所得証明書類に注意すること!

アルバイトの方は所得証明書類に注意すること!

銀行や消費者金融の多くは、安定した収入があれば、アルバイトやパートでもキャッシング契約が出来ます。

しかし、50万円を超える場合や他社との借り入れど合わせ100万円を超える場合に所得証明書類が必要です。

ですが、アルバイトの場合、この証明書類には注意が必要です。

例えば、給与明細に税金額がない場合、証明書類としての信憑性が低くなります。

会社名が如何に印字されていたとしても、税金という公的な支払いはより信用度をアップします。

税金額がなければ、給与受け取りの実態が把握できないため、アリバイ会社を利用していると判断される可能性もあります。

そのため、不安がある場合は確定申告を行い、納税証明を提出することが安心と言えます。